最新情報

2016年7月5日
脱毛
家庭用脱毛器のコツ
数ある脱毛の方法の1つに、家庭用の機器があります。ここ最近では、その機器に着目をする方々も増えているのです。 ・・・
2016年7月4日
脱毛
キレイモがおすすめ
現在、私は19歳都内私立大学に通っている者です。全身脱毛専門サロン、キレイモに通っています。本記事では、なぜ私・・・
2016年7月3日
脱毛
脱毛の種類の違い
まず、光脱毛とフラッシュ脱毛は同じものと捉えて良いでしょう。 ただ、レーザー脱毛と光脱毛・フラッシュ脱毛には違・・・
2016年7月2日
ワキ脱毛
ワキのムダ毛はどうする?
ムダ毛の処理は結構面倒ですが、しっかりと行っておかなければいけないものです。 女性のマナーとして処理を怠ってし・・・
2016年7月1日
脱毛
VIO脱毛について
Vラインの脱毛を検討されている方の中には、どのような雰囲気で施術されるのか不安という方もいらっしゃるかもしれま・・・

家庭用脱毛器のコツ

数ある脱毛の方法の1つに、家庭用の機器があります。ここ最近では、その機器に着目をする方々も増えているのです。

家庭用の機器には、いつでも利用できるメリットがあります。脱毛のサロンなどに行くとなると、やはり営業時間に限定されるでしょう。しかし家庭用の機器の場合は、お店の営業時間なども意識する必要がありません。マイペースにいつでも脱毛できるのが、その機器のメリットと言えます。
ところでその機器を使いこなすには、1つコツがあるのです。レベル調整の機能を、上手く使うと良いでしょう。

例えばレベル1の場合は、レーザーの光が弱いとします。そしてレベルの数字が高くなるにつれて、光も強くなる訳です。レベル1が最弱で、レベル10が最強などの具合です。
そして体の各パーツの中には、かなりデリケートな所も見られます。いわゆるVIOなどは、数あるパーツの中でもかなりデリケートでしょう。

そのパーツに対して家庭用の機器を使う時は、まずレーザーの光を最弱にするのが望ましいです。一番強い光にしてしまいますと、その箇所に傷などが付いてしまう可能性があります。しかし最弱レベルならば、傷が付く確率は低い訳です。

ですので、まず最初の内は最弱の光で処理を行うようにすると良いでしょう。それでパワーが物足りないと感じた時に、はじめて光のレベルを強くするのが望ましいと思われます。
それは何もVIOだけではありません。他のデリケートなパーツに対しても、同じく最弱レベルから試していくと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ